BB_nouriN’s blog

静岡県西部の山守一族

2021-07-14から1日間の記事一覧

緑囲が元々あった木 紫囲は1960以降に植えられて育った木(地元) 橙囲は地元の人じゃない人が植えた木 道路工事の時かな? なんとなくの感覚ですが、こんなところです。<m(__)m></m(__)m>

今までの経過から、今後警戒すべきポイントです。 このポイントへの水の流入量と 排水量 のチェックが必要です。 どこに流れているかわからないから排水量がチェックできないでは話になりません。 専門家の方々よろしくお願いいたします<m(__)m> ←嫌味かw</m(__)m>

この写真はおそらく赤の部分が崩れたので、その調査のために撮られたものだと思います。記録です。 2010年の現地紹介動画で、黄色の部分を紹介していましたが、その後赤が崩れてこの写真です。その他の場所も崩落していますが、前後関係がわからないので省略…

次に造成しようとした部分が橙です この時点までは、3Fの家の下は、排水設備がしっかりしていれば上からの水がテニスコートに流れるのでギリギリセーフです。 ただ、その後、上(S字の部分の谷)を埋めた事で水がどこに行っているのか見えなくなってしまっ…

本来の逢初川の流れはこうだったというわけですね 谷に捨てた・・・。 絶句です。

紫は道 最初の造成は緑 高い所は赤 捨てたのは水色 です<m(__)m></m(__)m>

あの写真の範囲に映っている範囲のみですが 削った部分が橙色 黄色は削っただけ 青は削って盛って造成(ひな壇) 赤は埋めた所 青のひな壇部分と繋がっているので造成。今回崩壊。 青は山体なので残った。

自然の呼吸

木の有無と土の保水力は全く関係がないという事を説明するのによさそうなので、解説いたします。 マニアックなので、記者会見でこんな説明はまずいたしません。時間の無駄です(笑) 最初に、降った雨はどうなるのか。表面の土に沁み込みます。表層土(茶色)…