BB_nouriN’s blog

静岡県西部の山守一族

f:id:BB_nouriN:20210711160902j:plain

黄緑色で囲った部分が、当初の計画(黄色ライン)の時のひな壇だった範囲で、白く見える部分は茶土で、ひな壇造成のために外から運ばれてきて盛られた土です。

専門家が黒土も茶土も、どちらも盛り土だと誤解してしまった事にも納得です。

この周辺の山体は黒土ですが、現地に入った人も含めて、土が流れているのを目にすると、その大半が茶土(あまりに多い)だったために、誤解が生じたのだと思います。

あと、この崩落で、3F家の建っている部分に大量に盛り土が流れ込み、沢を埋めて更に流れ、逢初川にまで流れ込んだと思われます。