BB_nouriN’s blog

静岡県西部の山守一族

やはり産廃は埋めない方がいい

産廃を埋めるとどうなるか、実は大丈夫なんじゃないか?

 

そもそも産廃を埋めるという発想がなかったので、今まで考えもしなかった。

 

これを機会にあれこれと考えてみたのですが、結論。やはり良いことはない。

 

まず、固まらない。どんなに上を固めても、産廃部分は剥離してしまう。崩れる。

 

土と土は水を媒体にお互いを引っ張り合うので、簡単に剥がれる事はないが、

 

土と土の間に産廃が入ったら、どうにも引っ張りようがない。

 

産廃を埋めるのであれば、せめて平地に埋めましょう。傾斜地に埋めるのは危険すぎる。

 

次に、有機物である木の場合はどうか。 これもNG。 深くに埋められたら分解されない。

 

倒木など地表に放置された木は自然分解されて腐葉土のようになるが、埋められた木は分解されないし、いずれ炭化石化。よほどの年月が経たなければ土とはくっつかない。どうあってもすぐ剥がれる。

 

木を処分する際は、そのまま廃棄するのではなく、ウッドチッパーを使って粉砕してから廃棄するようにしていただきたい。分解が早い。深さは・・・2mまで。

 

<m(__)m>