BB_nouriN’s blog

静岡県西部の山守一族

初島は火山かどうか

熱海土砂災害から ずーっと熱海に関わる事ばかりやっていたのですが、普段と違う場所に目を向けるというのは新しい発見ばかりで経験値が貯まります。有難い。

 

で、今朝のブログで、愛鷹山初島を指摘したのですが、T先生から「初島はどんなかんじ?」という疑問を投げていただきました(ありがとうございます)ので、この辺り、どうなっているのか、そしてどうなりそうなのか、今までの常識がどうとか一切無視していつものやり方でやってみました。

f:id:BB_nouriN:20210802025004p:plain

今回の熱海、いまだに大変な状況ですが、ここに変なものが流れ込んでくるとヤバいぞってことで、何がどう流れ込んでくるのか、赤線してみたわけですが、小田原も赤線にしっかり乗ってて、あぁーこれが因果ってやつか。と思っています。

 

今は割と落ち着いているので、今すぐにどうこうという事はなさそうですが、なぜだ?と思ったら、自衛隊の方々が帰る時、皆で感謝の気持ちを贈った。これが大きかったかなって思います。自衛隊は人々に信頼され感謝される事で日本を守っています。(`・ω・´)ゞ敬礼!

 

さて、話を戻しまして、私的見解では、熱海がバランスを崩すことで、影響を受けるのが愛鷹山だという事になったわけですが、そのラインはどうなっているのか。上の画像の4本は、初島でクロスしていますが、それぞれは独立している。川みたいなものです。マグマの川と言うのが適切かもしれません。

 

これがなぜこうなっているのか、範囲を拡大して、この辺りがどうなっているのか、線を引いてみました。いつもこれですが、範囲が小さくても大きくてもやる事は変わらない。

f:id:BB_nouriN:20210802202525p:plain

水色が水の通り道。 赤色線がマグマの通り道です。溜まり場。

 

順を追って説明いたします。

 

まず、水の通り道はいつも通り。谷です。そのまま引きました。

 

次に、マグマの通り道。火山と火山を結んで引きました。

 

次に、桃色の、直線と矢印線。矢印の方向に向かってプレートが潜り込んでいる、

 

桃色直線ラインは並行する赤色線(マグマライン)と共に、大島、三宅島、御蔵島八丈島、更に南、グアムの辺りまで繋がる。

矢印の方向に潜り込んだプレートが、プレートを折り曲げて△を作る。頂上のライン(峰)に対してマグマが噴出。所々が島になった。そのラインは日本海側まで抜けると佐渡島まで行く。

 

日本列島って、大陸から分離して今の状態になったんでしたっけ?

 

潜り込んだプレートが大陸側を折り曲げて△の峰を作ったという説ってありますか?一般的かな?そっち方面に詳しい方がいらっしゃいましたら、ご意見ください。本当はこうだよーとか、こうなんじゃないのーとか、100パターンくらい見てみたいです。多ければ多いほど楽しい(´・∀・`)。

 

で、話戻って、茶色は何かと言いますと、Aの富士山を起点に、赤のマグマライン(C-Ⅾ)と水のラインに並行して伸ばしたライン。A-E。

 

茶●ポイントはどっちに動いているのか見てみたんですけど、矢印方向に動いているように見えるんですよね。神奈川の茶●は北東方面。伊豆半島は西方面。そうすると、Aの富士山を起点に、マグマラインと水ラインに並行してに伸びる茶色ラインA-Eは、離れていっている。地面が割れていく。観測計でこういう動きになっているかどうか分かりませんが、表面は必ずしもこうではないかもしれません。赤のマグマラインも地下ですし。

 

この流れをまとめると、

f:id:BB_nouriN:20210802202525p:plain

A:富士山を起点にして、E:初島 の茶色ラインは、地面が割れた所にマグマが上がってきて噴火。

 

C:愛鷹山、Ⅾ:三原山のラインは、下にマグマラインがあるので噴火。

 

B:丹沢山。E:初島佐渡島のラインは、マグマラインであり、△峰ライン。

 

ふと思い出して、宝永噴火の火口って、真西側だったか南寄りだったかを見てみたら、A-Eのラインに乗ってました。

 

Aを起点に⇒宝永火口⇒Eの方面 と考えるのは自然ではないかな?と。

 

あとは、マグマと水との関係ですね。押されて盛り上がる以前は、日本海側が高く、太平洋側は低かったと考えると、日本海側の水が太平洋側に向かって流れていた可能性はあります。すると、水色線には普通に川があった。富士は水が豊富な場所だったから、地面が割れ始めると噴火するようになった。

 

太平洋側がどんどん上昇するにつれて、水の流入が少なくなり、富士は噴火しなくなった。では、今後はどうなのか。

 

山梨盆地の水は今までは富士の下に流れ込むことはなかった。しかし、穴掘ったら流れ込むかもしれませんね。この水色線が過去に存在していたとすれば、富士が噴火するための水は山梨盆地からのもの。箱根山愛鷹山もおそらくこの水でしょう。

 

A-Eのラインも、数年でパカッと割れるようなことはなく、徐々に徐々にだと思いますが、周囲のバランスが崩れれば、早くなったり遅くなったりする事はあると思います。

 

明日でもおかしくないし、100年後でもおかしくないし、もう起こらなくてもおかしくない。

 

何をどうすれば地面が開かなくなるか、噴火しないようにできるか、検討する必要はありそうですね。それこそ100パターンの仮説を私は聞いてみたい∑d('∀'o)デス!!

 

それが解明できたら、人が安心して住めるように「結界」を設置。

 

そんなところです<m(__)m>