BB_nouriN’s blog

静岡県西部の山守一族

逢初川源頭部映像 今日はどうか

昨日から今日にかけて、水が動きまくったので割と見えやすかった。夜間に2回保存しておいたのも良かった。

f:id:BB_nouriN:20210811152357p:plain

水色は水の多い範囲。赤色が真逆で水の少ない範囲。橙色は適量な範囲。

 

段階的に説明するのはなしで。結論から。

f:id:BB_nouriN:20210811150210p:plain

紫色は落ちる可能性がある範囲。桃色は紫色ほどでもないが可能性を否定できない範囲。

 

乾けば良いという単純な話ではないというのが難しいところです。乾きすぎたら落ちる。適量でバランスするというのが難しい。

その差が大きければ大きいほど剥離しやすくなるので、落ちやすくなるわけです。

水色⇔橙色⇔赤色 であれば剥離は起きにくい。これが 水色⇔赤色 となると剥がれる。

 

範囲を囲っている間に、どう説明すると分かり易いかを考えていましたが、乾いている土が小麦粉だと思ってください。

 

乾いた壁に小麦粉を振りかけると、くっつかずに落ちます。濡れた壁に小麦粉をふりかけると、表面だけくっつきます。くっついた小麦粉は乾けば落ちます。

 

水と小麦粉を混ぜたどろどろの液体を壁にかけます。こうするとかなりの量の小麦粉を壁にくっつけることができます。それが乾いてくると、どうやって落ちますか。

 

壁と小麦粉が同じ水分量であれば、壁⇔小麦粉は乾くことがないので、いつまでたっても落ちません。水がお互いを引き付けている。

 

この映像や写真から、そういう事が起こっていると。見えるわけです。

 

今後も監視を続けていきます。

 

<m(__)m>