BB_nouriN’s blog

静岡県西部の山守一族

N95マスク相当の性能なのに苦しくないやつが欲しい

なんでそう思ったかって、不織布マスクで感染拡大を抑えられるって意識で街中歩いてるんだったらやっても意味ないから。私は普段誰とも会わない時はマスクしてない。外出時には仕方なく不織布マスクしてる。やってますからねーってポーズだけ。ガチでヤバい状況になった時のために、ガスマスクみたいなフォルムのやつもあるけど、山の中に居ればそんなの全然必要ないからこれも街中用。塗装とかする時にも使えるから持ってて無駄にはならん。ゴーグルも日常的に使ってるのあるから、ガチヤバになったらそれ装着する。

 

口だけじゃなくて目とか耳とか、人間には穴がいっぱい開いてるから全部塞ごうと思ったらそれこそ大変なんだけど、街中歩いてる人達って本気で塞ぐ気ある? いざという時のための準備ってしてある? 不織布マスクで本気で乗り切れるって思ってる?

 

あー、板金塗装屋って生き残るかもしれんな。塗装ブースにHEPAフィルターか・・・。ま、それは置いておいて。

 

新型コロナが蔓延し始めて、1年半以上になる。街中を歩く人のマスクは未だに不織布の市販品。これで新型コロナの感染拡大を防げると思っているのなら、夏でも冬でもマスクしていればいいと思うけど。

 

政府は最近何をしていたかと言うと五輪。今週末なんか酷い有様で、「フジロックフェルティバル」を停められない。静岡県は来月の中旬まで緊急事態宣言下だから、静岡県から新潟県に行ったやつなんか居ないと思うけど。そもそもこれやるってβακα_φ(゚∀゚ )なの?

 

そんな中で、かねてから疑問に思っている事のひとつが、N95マスクはなぜ大量生産されないのか。

 

新型コロナが始まった当初、政府はマスクの増産をした。医療現場でN95マスクが足りないという事は命に関わるから。普通の不織布マスクN95マスクでは、アマチュアとプロほどの違いがある。それはTVでもやってたから皆知ってるはず。

 

マスクメーカーは、新型コロナに対していつまでも不織布マスクでいいと思っているのかな。N95マスク相当の性能で、なおかつ長時間装着していても苦しくならないマスクというのは出来ないものなのか。

 

技術屋から見れば、こういうものが出来るならば作りたい。感染拡大を抑えたい側(政府)は、どうすればいいか。

 

技術屋にその機会を与えればいい。他に何もしなくていい。技術屋という生き物は、目標だけ与えられれば勝手にやる。日本人に達成目標を与えると、結果は期待値を上回る形で達成される。技術屋に超えられない壁なんかない。

 

ホンダで長年エンジン作ってきた人の中に、若手に対してこう言う人が実際に居る。

 

「ネジのないエンジンを作れ」

 

この真意を語ると長くなるので、今は置いておきます。 

 

政府は何もしなくていいと言ったけど、技術屋だって生活するための金は必要。開発資金も必要。いくら世のため人のためだとはいえ、自分の身を削ってまでやれる技術屋は少ない。自分の家族の生活を守らなければいけなかったりする。昔はまだやれた。周りに同じ意思をもって助けてくれる人が大勢居たから。それも今では少なくなった。その代わりにクラウドファンディングっていうものができたね。すごく良いものだと思う。

 

不安だからマスクをしたいというのであれば、メンタル的な意味では不織布マスクも有効だと思う。でも、感染爆発が起こった時に、不織布マスクが街に溢れてたら、正直怖くないですか。

 

平常時は不織布。緊急時はN95相当のマスク。とか使い分けてもいいと思う。それを実現させるためには、高性能なマスクを大量に安価に提供できる体制が必要。

 

不織布マスクが苦しくないから「フジロックフェスティバル」みたいな馬鹿なイベントが実現しちゃうんだよ。主催者は全員にN95マスク配って会場での感染拡大を本気で抑止するんだってくらいの気概を見せたらどうなの。全員がN95マスクだったら、酸欠者がバタバタ倒れてイベントどころじゃなくなる。だから一刻も早く高性能で苦しくないマスクを作らせろって話。

 

そろそろ出てきてもいいんじゃないかなって思ってるんだけど、未だに出てこない。高性能マスク。なんで?マスクメーカーがそういう需要っていうか、必要性を感じていないのかな。よくわからんなーって思う。

 

そんなわけで、元の生活に早く戻りたいのであれば、こういう所から地道にやっていくしかないなーと私は思います。

 

これは出来ない事じゃない。技術屋に不可能は無い。やるかやらないか。

 

<m(__)m>