BB_nouriN’s blog

静岡県西部の山守一族

東日本大震災のがれき受け入れGJでした静岡県

2012年05月の朝日新聞の記事です。

www.asahi.com

 

熱海伊豆山土石流の現場から セシウム137 が検出された事について、

 

(。´・ω・)? なんで?って思っていろいろ調べております。

 

何をしたらあの数値になるのか。

 

採取箇所
市道周辺
保管場所(熱海港)
人工放射性核種
の測定値
セシウム137
5.7 Bq/kg乾土
セシウム137
11.6 Bq/kg乾土
セシウム137
5.2 Bq/kg乾土

5.2~11.6

これがひとつの物差しとなりそう。

 

静岡県東日本大震災の支援として、平成24年10月から、木くずの受け入れを開始している。受け入れをしていた静岡県自治体は、島田市静岡市浜松市裾野市

平成25年02月まで焼却処分していた。その時の数値が県のHPにある。

静岡県/災害廃棄物の本格受入れ(平成25年2月分)

 

平成25年01月分

放射性セシウム濃度の測定結果(ベクレル/kg)

測定日

測定対象

セシウム134(検出下限値)

セシウム137(検出下限値)

放射性セシウムの合計

平成25年1月10日

大槌町

4.8

9.6

14.4

平成25年1月10日

山田町分

検出限界未満(4.9)

検出限界未満(4.6)

検出限界未満(9.5)

 

平成24年12月分

放射性セシウム濃度の測定結果(ベクレル/kg)

測定日

測定対象

セシウム134(検出下限値)

セシウム137(検出下限値)

放射性セシウムの合計

平成24年12月13日

大槌町

検出限界未満(4.9)

12.0

12.0

平成24年12月13日

山田町分

検出限界未満(3.4)

検出限界未満(4.1)

検出限界未満(7.5)

平成24年12月6日

大槌町

検出限界未満(4.9)

検出限界未満(3.7)

検出限界未満(8.6)

平成24年12月6日

山田町分

検出限界未満(4.7)

検出限界未満(3.3)

検出限界未満(8.0)

 

平成24年11月分

放射性セシウム濃度の測定結果(ベクレル/kg)

測定日

測定対象

セシウム134(検出下限値)

セシウム137(検出下限値)

放射性セシウムの合計

平成24年11月14日

大槌町

7.0

10.4

17.4

平成24年11月14日

山田町分

検出限界未満(4.0)

検出限界未満(4.7)

検出限界未満(8.7)

平成24年11月8日

大槌町

検出限界未満(4.0)

検出限界未満(4.3)

検出限界未満(8.3)

平成24年11月8日

山田町分

検出限界未満(3.7)

4.9

4.9

平成24年11月1日

大槌町

検出限界未満(4.7)

8.4

8.4

平成24年11月1日

山田町分

検出限界未満(3.7)

検出限界未満(4.4)

検出限界未満(8.1)

 

平成24年10月分

放射性セシウム濃度の測定結果(ベクレル/kg)

測定日

測定対象

セシウム134(検出下限値)

セシウム137(検出下限値)

放射性セシウムの合計

平成24年10月25日

山田町分

検出限界未満(4.6)

5.8

5.8

平成24年10月25日

大槌町

9.3

11.4

20.7

平成24年10月17日

山田町分

検出限界未満(4.5)

検出限界未満(4.1)

検出限界未満(8.6)

平成24年10月15日

山田町分

検出限界未満(4.4)

検出限界未満(4.3)

検出限界未満(8.7)

平成24年10月15日

大槌町

3.5

5.1

8.6

 

これを見ると、岩手県大槌町と山田町から運ばれてきた「木くず」と同じくらいの値が、熱海の土石流現場から出たという事になる。(*p'∀'q)ダイタイオナジ

 

で、この時の国の基準が 8000Bq/kg で、私の地元浜松市の基準は 282Bq/kg だったみたいです。食べ物については 100Bq/kg となっているので、5Bq/kgとか10Bq/kg は、少ないって言えば少ない。

 

これについて、あっちもこっちも調べてて思ったのが、基準値ってのがあって、それを下回るので大丈夫ですっていう基準がさらにあって、それが、1/9~1/10 みたいなんです。

 

皆は、1/10以下なら大丈夫だよね。って思えるんだね。その数値で説明会したら通るんだから。

 

今回の熱海の放射線量とその説明を思い出してみてください。

静岡県/記者提供資料 熱海市伊豆山地区土砂災害現場の土壌の放射能調査結果(提供日:2021年8月31日)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

採取箇所は限られているものの、採取したどの土壌においても、放射能の測定値は、全国(静岡県以西)の調査における測定値(セシウム137 ND~51 Bq/kg乾土、注1)の範囲内であり、食品衛生法等の基準値(注2)と比較しても健康への影響が心配されるレベルではないと評価される。

注2) 食品衛生法に基づく一般食品の放射性セシウムの基準値:100Bq/kg、原子炉等規制法に基づく解体廃棄物再利用の放射性セシウムの基準値:100Bq/kg

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

これによると、土の 51Bq/kg が基準で、土から出た 5.2Bq/kg は 1/10 だから問題ないよと。

 

11.6Bq/kg も、食品の 100Bq/kg の 1/10 だから問題ないよと。

 

食品の 100Bq/kg を基準にするだけで良くないですか? そしたらどっちも1/10以下になるじゃないですか。

 

なんでわざわざこんな回りくどい書き方というか、説明の仕方する?

 

1/5 だと安心されないと思った?ていうか、公表する値は1/10以下になるようにしなさいっていう決まりでもあるの?そういうのがお役所仕事だって言うんだよ!(笑) ぶっちゃけ |゚д゚) ぁ ゃ ι ぃ

 

まあまあ、それは一旦置いておいて。熱海の土石流の現場から何故この数値が出たのか。熱海市東日本大震災産廃の受け入れはしてないよね。前述した市町村だけが受け入れして燃やして埋めてるわけだから。受け入れる前に住民説明会もちゃんとやってるし。

 

逆に熱海市はなんで受け入れしなかったのかなって思う。住民説明会をすれば、受け入れ可能だったんじゃないかなって思うんです。焼却施設もあるし、埋立施設もあるんだから。

 

というか、熱海市の各地の土はどうなっているんですかね。ここで 5.2Bq/kg が出るという事は、他の場所でも当然同じ数値が出るだろうと思われます。自然とこの値になったのであればの話ですが・・・。

 

熱海市長は、市民の安全のために、市内各地の放射線測定をやった方がいいと思いますよ。県の 危機管理部 原子力安全対策課 に一報入れればいいだけですから。

 

T先生が言ったらすぐにやってくれたんですよ 3カ所 も。市長が言えば 20ヵ所 くらいやってくれるんじゃないですかね。私的には「姫の沢」は重点的にやったほうがいいと思います。

 

やるかやらないかは 熱海市長次第 ですけど。

 

どこの土からも検出されなければ、それが熱海市民の安心安全に繋がるんです。今回、土石流の土砂から セシウム137 が実際に出たわけですが、他の場所から10倍とか20倍とか100倍の数値が出ないって言い切れますか?

 

私は言い切れないと思うんです。自然界に無いものが出ちゃってるんだから。

 

あまりいじめると市長が泣きそうだから今回はこれくらいにしておきます。

 

<m(__)m>