BB_nouriN’s blog

静岡県西部の山守一族

伊豆山神社と熱海市長

熱海伊豆山土石流災害から100日が経過しました。

 

伊豆山の心はここに在らず。

 

追悼式でも説明会でも、心ここに在らず。

 

待ちぼうけだなって、今でもそうだなって、思います。

 

市長はわかっていないんじゃない、わかっている。だから動けない。

 

行政はわかっていないんじゃない、わかっている。だから動けない。

 

怖いんですよ。市長だって行政だって人なんです。否を認めて自分が責められることが怖いんです。だから真実に向き合えない。自分がどうなってしまうかわからないから。

 

だからと言って、逃げていいわけじゃない。ちゃんと向き合うべきです。市長であるならば、市民と向き合うべきなんです。行政もです。

 

伊豆山は、市長が来るのを待ってるんですよ。だから待ちぼうけなんです。

 

伊豆山神社の社が何本の柱で建てられているかご存知ですか?

 

2000本とか、3000本とか、数を数えればいいだけの話なんですけど。

 

今回の土石流で、そのうちの何本が無くなったかご存知ですか?

 

政治事に直接意見したくない(影響したくない)性分なので、出来る限り政治家とは接点は持たないようにと心がけてきましたが、8/3に、熱海市長に宛てて、一通のメールを出させていただきました。返信が無かったので、読んだか読まれなかったかわかりませんが、その事を思い出したので、その内容を一部抜粋して掲載します。

 

------------------------------------------------

 

熱海は穢れなき神聖な場所です。「伊豆山神社」をはじめ、多くの加護の下に伊豆山地区は有りました。

市長としての責務に追われ、忙しい中であるとは思いますが、今一度、神聖な熱海を取り戻すために、斎藤様の御力を貸してはいだだけませんか。

つきましては「走湯山般若院」「走湯神社」「結明神社」「伊豆山神社」「伊豆山神社本宮社」の順に廻ってください。順はお守りください。

余裕がありましたら、「結明神社本社」「稲荷大神」「白山神社」も廻っていただけると尚良いです。こちらに順はございません。

これを公務とするのは難しいかもれませんが、神社参拝に反対するような者は日本にはおりませんので、安心して取り組んでいただけます。民が話したがるようであれば、境内でお話を聞いて差し上げれば下手な事にはなりません。

出来る事ならば毎日とお願いしたいところではありますが、市政に差し支えるようでは宜しくありませんので、

まずは一週間に一度でも、足りないという事はございませんので、お考えいただければと思います。

伊豆山地区の被災者は斎藤様の事を期待して待っておられます。怒りの声が大きいのは期待の裏返しです。

これからも、熱海を正しく導いてくださいますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。

 

------------------------------------------------

 

全文の半分くらいですが、この声は熱海市長に届いたでしょうか。

 

市長が人目をしのんで参拝しているという話は聞こえてこないので、見なかったか、届かなかったか、無理難題だと思われたか。

 

もし、熱海市長が、これをやっているとすれば、あなたは市長を責めますか?

 

やっているかやっていないかはさておき、人の行動は目に見えて伝わるものですが、その姿勢。在り方。思考。念。そういう類ものが、今の伊豆山には在りません。

 

熱海市長はいつまで待っても伊豆山に来ない。向き合えない。姿勢がおかしい。在り方がおかしい。思考がおかしい。念は・・・今の市長がどういう扱いをされているか、そのものです。市民の態度が市長の態度なんです。

 

社の柱は、30本ほど無くなってもすぐに倒壊したりはしません。ただ、それは物理的な話であって、社とは、物理的なものの上に建っているわけではないですよね。

 

市長の椅子は物理的な物ですが、その椅子は何が在ってそこに在るものなのか。大切な事を忘れてはいませんか。

 

人の居ない所に柱は無く、柱の無い所に社は建ちませんよ。

 

その社の柱が欠損して倒壊しそうになったのであれば、真っ先に行って支えとなるのが長の仕事でしょう。何のための支持ですか。市長という力を与えられて、椅子を与えられて、食べるものも住むところも無くしたわけではないのに。

 

自分に与えられた仕事に感謝して、それを全うしようとは思わないのですか。

 

私は今日も種を撒きました。

 

土と水を与えられれば全力でその仕事を全うする。それが種です。

 

この種が、いずれ柱となり、社となる。

 

伊豆山神社に護られているということは、そういうことです。

 

護るから護られる。与えるから与えられる。

 

熱海市長がこの件に於いて悪い関わり方をしてしまっていると知って、そういうものから護られなければ市長は動けなくなる。私はそう思って一通のメールを出しました。伊豆山には善も悪もなく万人が護り護られる。何事にも怖がらず仕事を全うできる。

 

今、伊豆山に向いて本気で仕事を全うしようとしている人は、伊豆山と同じで待ちぼうけしているんだと思います。期待して待っているけれど、その人がいつになったら現れるのか。しびれを切らせている。

 

その柱は、熱海市長だと思いますか? 静岡県知事だと思いますか? 国会議員ですか? 政府ですか?

 

やはり、伊豆山の事は伊豆山に聞くのが一番なんですよ。

 

伊豆山神社に柱は何本ありますか。

 

<m(__)m>